awa1.bmp awa2.bmp

第51回東京高円寺阿波おどり

第51回東京高円寺阿波おどり【杉並区】

のべ1万人が乱舞!
★本場・徳島に負けない阿波おどり
★2007年8月25日〜2007年8月26日


1957(昭和32)年、地元商店街の振興策として「高円寺ばかおどり」が始まる。
1963(昭和38)年に「東京高円寺阿波おどり」に改名。
東日本で最大規模の阿波おどりの祭典に成長。
参加する踊り手の数はのべ1万人。
笛・太鼓・三味線の賑やかな鳴り物に合わせて
この日ばかりはと高円寺の街を老若男女が踊り歩く。
本場徳島からの参加も多数あり、その熱気は夏の暑さをしのぐほど。

開催地 : 東京都杉並区 JR高円寺駅 南北商店街・高南大通り
アクセス: 【電車】 JR中央線高円寺駅からすぐ

mk_map.gif

東京高円寺阿波踊り大会

関東地方 の阿波踊り

関東地方の主な阿波踊りは以下のよう。

東京高円寺阿波踊り(東京都杉並区)
糀谷阿波踊り(東京都大田区)
下北沢阿波踊り(東京都世田谷区)
三鷹阿波踊り(東京都三鷹市)
大塚阿波踊り(東京都豊島区)
大和阿波踊り(神奈川県大和市)
南越谷阿波踊り(埼玉県越谷市)
阿波踊り@高崎まつり(群馬県高崎市)
新座阿波踊り(埼玉県新座市


この仲でも特に規模の大きいのが
東京高円寺阿波踊り大会


2006年 東京高円寺阿波踊り大会のもよう(動画)です。





東京高円寺阿波踊り大会

三味線、太鼓、鉦(かね)、横笛などの2拍子の伴奏にのって
踊り手の集団(「連」と呼ぶ)が踊り歩く。
女性は優雅に、そして男性は腰を落として豪快に踊る。

偉いやっちゃ、偉いやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ・・・・・
踊る阿呆に見る阿呆、同じアホなら踊らな損々・・・
と唄われるよしこので知られる。
よしこのは大手の有名連以外はあまり使われず、
主に「ヤットサーヤットサー」という掛け声のほうが多用されている。全国的には「偉いやっちゃ」の方が有名なため、
「ヤットサー」の知名度は正直あまり高くない。

本場の徳島以外でも、各地(特に関東地方)で夏のイベントとして
阿波踊りが催されている。
徳島の阿波踊り連が指導に当たっている。
有名なものとして高円寺(東京都杉並区)の商店街の青年部が、
町おこしとして夏のイベント用に阿波踊りの様なものを導入し、
やがて都内在住の徳島県出身者から指導を受ける形で発展した
東京高円寺阿波踊り」がある。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。